※名称、会期、内容等は変更になる場合があります。
※展示替え期間は1階(常設展)のみの開館となります。
  企画展 小ギャラリー コンサート
2021      
12
December
2021年11月19日(金)~2022年2月6日(日)
休館日:※12月23日(木)~1月1日(土・祝)
彫刻家 大森暁生展
— 幻触 —

彫刻家 大森暁生(おおもり・あきお/1971年~)は、主に木と金属を素材とし、静謐さの中にも力強い眼差しを持つ生きものたちを創り出してきました。それは実際にモデルの居るものから架空のものまで多岐にわたり、どれもがアウラ(霊気)が帯びるまで徹底して創りきることを自身に課しています。また彫刻の新しい魅せ方についても常に挑戦や模索を続けてきました。
今展では1997年のデビュー以来25年間に生み出された作品の中、代表作から新作までを幅広く展覧します。

10月30日(土)~12月12日(日)
桔梗ヶ原工芸 岡部博文
第19回木のぬくもり展



 
※12月23日(木)~1月1日(土・祝)は休館
2022
1
january
1月2日(日)~2月6日(日)
篠田和幸 陶彫展


 
2
February
 
※展示替え2月7日(月)~2月10日(木)
(1階のみ開館)
2022年2月11日(金・祝)~3月28日(月)
※会期中無休

ひろしま美術館コレクション
日本近代洋画の名作展

ひろしま美術館は、1978年広島銀行の創業100周年を機に設立し、印象派を中心としたフランス近代美術と、日本の近代洋画や日本画などを多数収蔵し、紹介しています。
明治期の日本は、西洋に大きく目を開き近代化を進めた時代であり、美術においても西洋の技法を積極的に受容し、新たに近代洋画が展開しました。
本展では、ひろしま美術館コレクションより、黒田清輝、藤島武二、岸田劉生、佐伯祐三、安井曾太郎、梅原龍三郎、鴨居玲などの名作約80点を展観し、明治から大正、昭和に至る日本近代洋画の歩みをたどります。


   
3
March
   
  ※展示替え3月29日(火)~4月1日(金)
(1階のみ開館)
4
April
2022年4月2日(土)~6月5日(日)
※会期中無休

パラミタミュージアム開館20周年特別企画
平山郁夫 遥かな道

《仏教伝来》で日本画壇の一員となった平山郁夫(ひらやま・いくお/1930~2009)は、日本文化の源流を求めてシルクロードを取材し多くの作品を描いてきました。その人生をエッセイと共に描いた《道遥かシリーズ》、ライフワークとなった《玄奘三蔵院の大唐西域壁画》の大下図、世界が認める文化としての京都を描いた《平成の洛中洛外シリーズ》、そして限りない郷土愛を注いだ《しまなみ海道シリーズ》で、平山郁夫の画業を振り返ります。


   
5
May
   
6
June
   
このページのトップへ