企画展のご案内

【ご来館にあたってのお願い】
1. 必ずマスクをご着用ください
2. 熱のある方はご遠慮ください
3. 入館時には必ず手の消毒をお願いします

パラミタミュージアム開館20周年
最後の浮世絵師
月岡芳年展
TSUKIOKA YOSHITOSHI

2022年8月4日(木)~9月25日(日) ※会期中無休

幕末から明治へと転換する激動の時代に活躍した浮世絵師・月岡芳年(つきおか・よしとし/1839~1892)。西洋画の写実性を取り込みながら、柔軟な発想とたくましい絵心で、浮世絵の歴史の最後に強烈な閃光を放ちました。
 芳年は、12歳のとき歌川国芳に入門し、15歳の若さで画壇デビューを果たします。その後、22歳頃から本格的に浮世絵師としての活動をはじめ、54歳で没するまでに、変容する社会に呼応すべく西洋画の研究や新たな表現を試みながら、師譲りの武者絵や歴史画、錦絵新聞の挿絵、美人画など、多くのすぐれた作品を世に出しました。
 芳年といえば、これまで「血みどろ絵」や「無残絵」のイメージを強くもたれてきましたが、そうした作風は画業早期のわずか数年の傾向であり、近年では、画業全体を見渡すことによって再評価の機運が高まっています。
 本展では、芳年の代表作であり晩年の集大成である「月百姿(つきひゃくし)」シリーズをはじめ、美人画の傑作シリーズ「風俗三十二相(ふうぞくさんじゅうにそう)」、近代性があらわな「新撰東錦絵(しんせんあずまにしきえ)」シリーズなど、全150点でその多彩な画業を展望します。
 この機会に「最後の浮世絵師」芳年による革新的な作品の数々をお楽しみください。


1.「芳流閣両雄動」明治18(1885)年
2.「風俗三十二相 うるささう 寛政年間処女之風俗」明治21(1888)年
3.「一魁随筆 西塔ノ鬼若丸」明治5-6(1872-73)年
4.「偐紫田舎源氏」明治17(1884)年
5.「新形三十六怪撰 地獄太夫 悟道の図」明治23(1890)年
6.「月百姿 はかなしや波の下にも入ぬへし つきの都の人や見るとて 有子」明治19(1886)年
7.「つきの百姿 大物海上月 弁慶」明治19(1886)年
8.「月百姿 玉兎 孫悟空」明治22(1889)年

主催 公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム
後援 中日新聞社、読売新聞社、朝日新聞社、NHK津放送局、三重テレビ放送
企画協力 青幻舎プロモーション

関連イベント① 記念講演会

日時:8月14日(日) 午後2時~午後3時30分
演題:芳年の「怪」と「快」
講師:神谷 浩(徳川美術館副館長・本展監修者)
◆参加料:無料(入館券のみで聴講していただけます)
◆先着50名(当日受付)

関連イベント② ワークショップ

こども木版画体験 色摺に挑戦!!
日時:8月20日(土)、21日(日) いずれも午前10時~、午後1時~
講師:金沢健幸(木版画家)
対象:小学生以下(可能な限り保護者同伴で参加して下さい)
内容:「ばれん」を使用して多色摺りを体験します
(一色ごとに図柄がずれないように摺り重ねます)
定員:各部5名(事前申込制)
◆参加料:無料(但し、保護者同伴の場合は保護者の入館券が必要です)
申込方法:電話 (059-391-1088) 又はEメール(office@paramitamuseum.com)にてお申し込みください。Eメールの場合、件名に「こども木版画体験申込」、本文に「参加者名、付き添いの保護者名、希望の部(20日午前・20日午後・21日午前・21日午後)、年齢又は学年、電話番号」をご記入ください。
 ☆ 申込は先着順です。各部、定員に達し次第、受付を終了いたします。パラミタミュージアム・ホームページまたはSNSにてご確認下さい。
 ☆ 関連イベントは諸事情により、中止になる場合がございます
このページのトップへ