企画展のご案内

浮世絵モダーン
深水の美人! 巴水の風景! そして・・・

2018年12月6日(木)~ 2019年1月14日(月・祝)
休館日:12月24日(月・振休)~ 1月1日(火・祝)※完全休館

浮世絵版画の超克を目指して大正初期に登場した「新版画」を中心とする、創作性の高い伝統木版を「浮世絵モダーン」とネーミングして紹介します。
 橋口五葉や伊東深水、川瀬巴水や吉田博など、多くの画家が大正から昭和初期の芸術思潮、流行の文化、世相などを強く意識しながら、伝統木版による新しい表現を模索し、「浮世絵モダーン」の制作に意欲的に取り組みました。
 本展覧会では、「女性」「風景」「役者」「花鳥」「自由なる創作」の全5章の構成で128点を展示し、同時代の芸術や社会などと共鳴して制作された「浮世絵モダーン」に、画題がどのように表現されているかを検証します。







主催 公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム、中日新聞社
後援 朝日新聞社、NHK津放送局、三重テレビ放送

関連イベント

12月16日(日) 午後2時~
記念講演会
講師 渡邊章一郎氏(渡邊木版美術画舗代表取締役)
このページのトップへ