企画展のご案内

没後30年 河本五郎展 上絵に込めた情念の美

2017年1月2日(月・振休)~2月5日(日)※会期中無休
会場:パラミタミュージアム2階展示室

河本五郎は1919年(大正8)瀬戸市の伝統染付の家に生まれ、現在の瀬戸窯業高校を卒業後、京都国立陶磁器試験所でクラフト運動で名高い日根野作三の教えを受けました。また画家になりたいという希望を持っていた河本は同時に独立美術協会の須田国太郎画伯から絵の手ほどきを受けています。その後郷里に戻った河本は兵役を終えると、クラフト運動に参加しますが、30代の半ばからは、より自由な造形をめざして「五郎調」と呼ばれる手びねり作品を発表します。戦後の実用陶器が中心であった時代に芸術性を求める河本は「反骨の陶芸家」として、オブジェの制作を通じて伝統と現代性を追求し、奔放な色絵を施した数々の名作を生み出しました。

今回はパラミタミュージアムが所蔵する40点を超える作品を中心に展示し、没後30年を迎える鬼才河本五郎の世界を一望します。

後援 中日新聞社、伊勢新聞社、読売新聞社、朝日新聞社、NHK津放送局、三重テレビ放送

関連イベント

当館学芸員による列品解説
平成29年1月15日(日)午後2時~

同時開催

近現代日本の巨匠たち 新収蔵品を中心に
当館のコレクションは平面作品から立体作品まで多岐にわたる作品群により構成されており、その数は4200点におよびます。本展覧会では近年新収蔵された片岡球子「めでたき富士」、中川一政「薔薇 マジョリカ壺」、前田青邨「富士」などを中心に、絵画・陶芸作品などを織り交ぜてご紹介いたします。
このページのトップへ