企画展のご案内

イメージの魔術師
エロール・ル・カイン展

2019年2月23日(土)~ 3月31日(日)※会期中無休

"イメージの魔術師"と呼ばれた絵本作家エロール・ル・カイン(1941-89)。シンガポールに生まれ、幼少期をインドで過ごしたル・カインは、1956年、15歳で単身渡英、以後、イギリスを終生の活動の場としました。アニメーションを学んだのち、1968年に映画用のラフスケッチを元にした『アーサー王の剣』を出版し、夢だった絵本作家への道に踏み出すことになります。その後、『キャベツ姫』『キューピッドとプシケー』『おどる12人のおひめさま』『魔術師キャッツ』など数多くの絵本を生み出しました。東洋と西洋の美術様式が融合した幻想的な絵には、豊かな色彩があふれています。そして、細密な描写による装飾性と多様なタッチ、繊細でありながら大胆な構図の面白さなど、ル・カインが描き出す世界は魅力に満ちています。
 本展では、絵本のストーリーを辿りながら、絵本原画やスケッチ、資料などにより、その魔術の秘密をひも解きます。









主催 公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム
後援 中日新聞社、朝日新聞社、読売新聞社、NHK津放送局、三重テレビ放送
協力 ほるぷ出版、月刊MOE、えほんミュージアム清里
企画製作 NHKプラネット近畿、オフィス渋谷

関連イベント

3月10日(日) 午後2時~
講演会
「イギリス絵本の楽しみ -コールデコットからローラ・カーリンまで-」
講師:広松由希子氏(絵本評論家・作家)

このページのトップへ