企画展のご案内

棟方志功展
肉筆画と板画の世界

2017年5月18日(木)~7月9日(日)※会期中無休
会場:パラミタミュージアム2階展示室

1903年(明治36)、青森県に生まれた棟方志功は、日本の版画界を代表する作家として活躍しました。その作品は日本の伝統芸術である板目木版画の大画面の特性を生かした独自の表現的作風で世界的に高い評価を受けています。
 パラミタミュージアムでは京都山口邸に残された棟方の肉筆画建具絵を収蔵したことを記念して2010年(平成22)に棟方志功展を開催しましたが、その後も棟方の作品を多数追加収蔵してきました。
 今回は、肉筆画建具絵とともに、追加収蔵された作品を含め56点に及ぶ作品を展示し、棟方志功の世界を一望します。
 代表作「二菩薩釈迦十大弟子図」をはじめ、河井寬次郎のことばに棟方志功が絵を合わせた貼り混ぜ屏風など棟方志功の多彩な世界をお楽しみください。

2010年の展示作品図録にそれ以後収蔵された作品を追加し、再編集した図録を販売しております。

主催 公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム
後援 中日新聞社、伊勢新聞社、朝日新聞社、読売新聞社、NHK津放送局、三重テレビ放送

関連イベント

記念講演会
平成29年6月4日(日)午後2時~
講師:石井頼子氏(棟方志功研究・学芸員)

同時開催

萬古の名陶

パラミタミュージアムの1200点を超える収蔵萬古作品は、江戸期古萬古から昭和萬古までを網羅し、国内外から高い評価を受けています。今回はこれらの収蔵品から50点を超える萬古の名品を選び、一堂に展示します。

このページのトップへ