パラミタミュージアム

企画展のご案内

【ご来館にあたってのお願い】
1. 必ずマスクをご着用ください
2. 熱のある方はご遠慮ください
3. 入館時には必ず手の消毒をお願いします
没後30年 須田剋太展
SUDA Kokuta MANDALA
司馬遼太郎『街道をゆく』挿絵原画を含む約100点

2020年10月2日(金)~11月29日(日) 
※会期中無休

 埼玉県に生まれ育ち、戦中に関西に移り住んだ須田剋太(1906~1990)。
 世界の現代美術の動向と足並みをそろえるように、力強く、造形性豊かな抽象画を描き高い評価を得ました。
 「週刊朝日」に連載の司馬遼太郎『街道をゆく』の挿絵を1971年から1990年に亡くなるまで担当したことでも有名になりました。
 今回は須田剋太の絵画作品の全貌57点、書10点とともに、特集展示として司馬遼太郎『街道をゆく』の挿絵原画33点を展示します。



関連イベント
記念講演会
10月11日(日) 午後2時~
講師:中塚宏行(本展監修者・美術評論家)
◆参加料:無料(入館料のみで聴講していただけます)
◆先着50名(当日受付)



次回の企画展

華麗なるベル・エポック
フランス・モダン・ポスター展
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館コレクション

2020年12月3日(木)~1月31日(日) 
休館日:年末年始/12月28日(月)~1月1日(金・祝)

 近代ポスターの発祥の地、フランス・パリ。シェレ、ロートレック、ミュシャなどの芸術家が腕を競い、19世紀末から第一次世界大戦勃発までの経済発展を享受するベル・エポックの華やかなポスターが街を彩りました。それまで単なる情報伝達の道具であったポスターが芸術の一分野として認められていくのも、この時代でした。
 本展では、近代ポスターの創成期から、アール・ヌーボ-、アール・デコの作品を中心に約100点を展示し、時代の息遣いを伝えるポスター芸術の歩みをたどります。


関連イベント
記念講演会
12月13日(日)午後2時~
講師:平芳幸浩(本展監修者・京都工芸繊維大学)
◆参加料:無料(入館料のみで聴講していただけます)
◆先着50名(当日受付)