パラミタミュージアム

企画展のご案内

黄金期の浮世絵
歌麿とその時代展

2020年2月1日(土)~ 3月29日(日)
※会期中無休

 喜多川歌麿 (?1753~1806)は、浮世絵における美人画を代表する絵師です。錦絵(にしきえ)が最も華やかに展開した天明・寛政期(1781~1801)に活躍し、背景に雲母摺(きらずり)を施した豪華な錦絵や、寛政4年(1792)頃から描き始めた「美人大首絵(びじんおおくびえ)」で注目を集めました。歌麿はそれまでの全身像から、顔をクローズアップする構図を考案し、女性の表情を豊かに表しました。同時期に美人画とならんで人気を博したのが役者絵です。役者の一瞬の表情を大胆に表現した東洲斎写楽 (生没年不詳)や、歌舞伎ファンの理想をかなえた歌川豊国 (1769~1825)らが登場しました。

 本展では歌麿とその弟子をはじめ、鳥居清長や鳥文斎栄之、写楽、勝川派、歌川派など、個性豊かな絵師らによる美人画と役者絵約130点を展観します。肉筆画を含む黄金期の浮世絵の魅力を、この機会にお楽しみください。






※ 画像の無断転載(二次使用など)は禁止します

関連イベント
記念講演会「歌麿と周辺の絵師たち」
2月23日(日) 午後2時~
講師:中右瑛 氏(国際浮世絵学会常任理事)

次回の企画展

ルドゥーテ展
~19世紀植物画ボタニカルアートの世界~

2020年4月2日(木)~ 5月24日(日)
※会期中無休

 ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテは、1759年、現在のベルギーの代々画家を家業とする家に生まれました。23歳の時にパリに移って画家として成功し、王妃マリー・アントワネットから「博物蒐集室付画家」の称号を授かっています。そして、フランス革命後も画家として活躍し、ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌの信を得て、マルメゾン宮殿の花を描く宮廷画家に任命されています。また植物画家としてのルドゥーテは、その高い技量から「花のラファエロ」「バラのレンブラント」とも称されています。
 今回は、ルドゥーテの代表作の一つである「美花選(Choix des plus belles fleurs)1827-33年刊」の完全シリーズ144点と、貴重な肉筆画を含む関連作品をあわせて160点余りをそれぞれの植物の情報とともに展示し、19世紀フランス植物画の世界をお楽しみいただきます。




関連イベント
記念講演会
4月19日(日) 午後2時~
講師:中村美砂子氏(日本ルドゥーテ協会 副代表理事)