※名称、会期、内容等は変更になる場合があります。
※展示替え期間は1階(常設展)のみの開館となります。
  企画展 小ギャラリー コンサート
2017      
3
March
2月10日(金)~3月28日(火)
歌川広重
二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版


 歌川広重(1797~1858)は、天保3年(1832)の夏、京都御所へ御料馬を献上する八朔御馬進献の行事を記録する内命を幕府から受けたため、江戸から京都へ上ったといわれています。この旅中のスケッチをもとにして描いた≪東海道五拾三次之内≫は、はじめ保永堂と遷鶴堂から共同出版され、のちに保永堂からの単独出版となり、天保5年(1834)、53ヶ所の宿場町に日本橋と京都を加えた大判錦絵全55図が完結しました。

 ≪東海道五拾三次之内≫が好評を博したことにより、名所絵師としての確固たる地位を築いた広重は、生涯にわたって20種以上もの東海道シリーズを残します。画題が隷書体で書かれていることから「隷書版東海道」とも呼ばれる丸清版の東海道五拾三次もそのうちの一つで、保永堂版が世に出てから15年の時を経た嘉永2年(1849)、丸屋清次郎の寿鶴堂から出版されました。

 保永堂版の序文に「まのあたりそこに行たらむここちにさせられて」とあるように、日本橋から京都まで実際に旅行したように感じさせる東海道五拾三次を「保永堂版」(ほえいどうばん)と「丸清版」(まるせいばん)二つ同時に展示し、2つの構図で展観します。また大正時代に撮影された宿場町の様子も合わせてご覧いただけます。

主催:公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム
後援:中日新聞社、伊勢新聞社、朝日新聞社、読売新聞社、NHK津放送局、三重テレビ放送
協力:公益財団法人日動美術財団、日本美術商事株式会社

●関連イベント 記念講演会「広重とたどる東海道」
2月26日(日)午後2時~
講師:前田詩織 氏 (中山道広重美術館 学芸員)

2月25日(土)
~3月8日(水)
Ka Ena 展
Soffia Di Primavera 〜 春の息吹〜

3月17日(金)
~3月28日(火)
Different Visions

3月5日(日)14:00~
佐藤陽子ヴァイオリンコンサート

3月19日(日)14:00~
フルートデュオとピアノ 魅惑のひととき~春の訪れを感じて~

  ※展示替え3月29日(水)~3月31日(金)(1階のみ開館)    
4
April
4月1日(土)~5月14日(日)
有元利夫 10年の絵と譜

 かつて訪ねたヨーロッパで、絵画の伝統に圧倒された有元利夫(ありもと・としお/1946~1985)は、フレスコ画と日本の古画との間に、質感と肌合い、発想と描き方、コラージュ的な描法といった似通う点を見出しました。以来、有元は伝統的な日本の画材である岩絵の具や箔をもって独自の絵画世界を構築していきます。病魔に襲われ38歳の若さで他界し、画壇を席捲したのはたったの10年間。本展ではタブロー・版画・立体作品を年代ごとに展示しそこから滲み現れる確固たる10年の画業を辿ります。

●関連イベント 「有元利夫と制作の周辺」
平成29年4月23日(日)午後2時~
講師:有元容子氏(有元利夫夫人)

●コンサート 
4月9日(日)午後2時~3時
「有元利夫が愛したバロック音楽の世界」
フルート:諸田 大輔/ピアノ:前川 晶
4月16日(日)午後2時~3時
「有元利夫が描いた作曲家たち -チェンバロの音色にのせて-」
チェンバロ:京谷 政樹

4月1日(土)
~4月12日(水)
安井桂子 大塚くるみ 「籐と陶 二人展」春、気持ち新たに!

4月15日(土)
~4月26日(水)
冬柴文廣陶芸展 釉描彩の世界

4月29日(土)
~5月14日(日)
水谷 護 第11回 手づくり水石鉢(すいせきばち)展 美しさと機能性の融合をめざして

4月9日(日)14:00~
企画展「有元利夫 10年の絵と譜」関連コンサート
有元利夫が愛したバロック音楽の世界

4月16日(日)14:00~
企画展「有元利夫 10年の絵と譜」関連コンサート
有元利夫が描いた作曲家たち
-チェンバロの音色にのせて-

5
May
5月14日(日)14:00~
熱響! 連弾まつり!
※展示替え5月15日(月)~5月17日(水)(1階のみ開館)
5/18(木)~7/9(日)
棟方志功展

 日本の伝統的な板目木版画の特性を生かした独自の表現的作風で、現在も世界的に高い評価を受ける画家・棟方志功(むなかた・しこう/1903~1975)。
 棟方作品は、板画のみならず、奔放な筆遣いによる色彩豊かで力強い肉筆画や墨筆も多くの人々を魅了しています。
 本展では当館が所蔵する棟方志功の板画作品・襖や建具に描かれた室内肉筆装飾画など、それらすべてを一堂に展示いたします。この機会に棟方志功のあふれ出る才能をぜひご堪能下さい。

同時開催
5/18(木)~7/9(日)
萬古の名陶

 パラミタミュージアムの1200点を超える収蔵萬古作品は、江戸期古萬古から昭和萬古までを網羅し、国内外から高い評価を受けています。今回はこれらの収蔵品から50点を超える萬古の名品を選び、一堂に展示します。

5月18日(木)~5月29日(月)
My曼荼羅Ⅳ 草薙圴流 曼荼羅の世界
5月28日(日)14:00~
からくり人形が「能」を舞う
6
June
6月1日(木)~6月12日(月)
森 二八子 ローレンス・ピクス 二人展 Contemporary Painting



6月15日(木)~6月26日(月)
駒田麻衣個展 C2


6月29日(木)~7月9日(日)
小田切健一郎・裕美 木と漆の仕事


6月11日(日)14:00~
箏×アルパ コンサート~夢絃の響き~


6月25日(日)14:00~
ピアノの名曲を楽しむひととき

7
July
7月9日(日)14:00~
西岡 あさみ(ピアノ)
今泉 藍子(ピアノ)
※7月10日(月)休館
※展示替え7月11日(火)~7月13日(木)(1階のみ開館)
7/14(金)~8/27(日)
パラミタミュージアム開館15周年記念
第12回パラミタ陶芸大賞展

投票期間7/14(金)~8/6(日) 大賞発表式8/20(日)
国内の美術館・画廊・美術評論家などの推薦により上位6名をノミネートし、投票期間中の美術館来館者の投票により大賞を選びます。最多得票数獲得者一名に、第12回パラミタ陶芸大賞を授与します。

◆出品作家(五十音順)◆
 大石早矢香(おおいし・さやか)(大阪府茨木市)
 大塚茂吉(おおつか・もきち)(山梨県大月市)
 木野智史(きの・さとし)(京都府宇治市)
 丹羽シゲユキ(たんば・しげゆき)(北海道札幌市)
 南野馨(みなみの・かおる)(大阪府南河内郡)
 吉川正道(よしかわ・まさみち)(愛知県知多郡)

同時開催
7/14(金)~8/27(日)
伝統工芸三重研究会15周年記念展
7月14日(金)~8月27日(日)
伝統工芸三重研究会15周年記念展 小品展
7月23日(日)14:00~
大竹 由夏(フルート)
平山 晶子(ピアノ)
8
August
8月6日(日)14:00~
岩根 衣李(ヴァイオリン・ヴィオラ)
斉藤 もも(ピアノ)

8月13日(日)14:00~
太田 太郎(ピアノ)
太田 千賀子(ピアノ)

※展示替え8月28日(月)~8月31日(木)(1階のみ開館)
9
September
9/1(金)~10/22(日)
パラミタミュージアム開館15周年記念
平山郁夫展 シルクロードと日本の美

 美を描き、美を救う活動を精力的に続けてきた日本画壇の重鎮・平山郁夫(ひらやま・いくお/1930~2009)は、画壇での数々の業績だけでなく、人類が残した文化遺産の保存修復活動にも貢献しました。
 本展では画期的な画業となった「シルクロードシリーズ」をはじめ、「日本の美」や画伯の原点と言える「故郷や瀬戸内海」などを描いた作品を厳選し展観します。
 平山芸術における「日本画のこころ」と絵に託した「平和の祈り」を、大作を含む本画と素描・下絵などでふり返ります。

●関連イベント
9月1日(金)
平山郁夫展 記念講演会
講師:平山助成氏(平山郁夫美術館館長)

9月17日(日)
平山郁夫展 ギャラリートーク
講師:幸野昌賢氏(平山郁夫美術館学芸員)


※展示替え10月23日(月)~10月27日(金)(1階のみ開館)

10/28(土)~12/25(月)
並河靖之七宝展

 明治中期、日本の工芸界は華麗な花を咲かせ、当時開催された国内外の万国博覧会では様々な分野で賞を獲得し世界の注目を一斉に集めました。
 中でも七宝は、京都の有線七宝の並河靖之(なみかわ・やすゆき/1845~1927)と東京の無線七宝の濤川惣助が並び立ち世界を魅了しました。
 難しいとされた黒色透明釉や、筆のタッチのような繊細な植線づかいを極め、艶やかな花鳥や叙情的な風景を描きだし、尾張地方から伝えられた泥七宝を独自に発展させ、世界に認められた並河靖之の貴重な作品を紹介します。

9月1日(金)~9月12日(火)
創造家具虎三・西川虎三展

9月15日(金)~9月26日(火)
岸憲嗣・寿美子作陶展
9月3日(日)14:00~
船越 さくら(ヴァイオリン)
千原 園子(サクソフォン)
藤山 千晶(ピアノ)

9月24日(日)14:00~
企画展「平山郁夫」関連コンサート
沈兵(揚琴)
10
October
10月14日(土)~11月19日(日)
第15回木のぬくもり展(桔梗が丘工芸 岡部博文)
10月1日(日)14:00~
岡本 暁子(ピアノ)

10月15日(日)14:00~
エリザベート・ブドロー(ソプラノ)
田中 文恵(ヴィオラ)
吉野 りん子(ピアノ)
11
November
11月23日(木)~12月4日(月)
SHINODA 古稀展(篠田和幸)
 
12
December
12月7日(木)~12月18日(月)
いさお・洋子 二人展 二人で歩んだ俳句と俳画(石井烈・石井洋子)
 
  ※展示替え12月26日(火)・12月27日(水)(1階のみ開館)
※12月28日(木)~1月1日(月‣祝)年末年始休館(年末は営業日の変更がある場合があります)
2018      
1
January
2018/1/2(火)~2/25(日)
没後50年 河井寬次郎展―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―

 近代陶芸を代表する陶芸家、河井寬次郎(かわい・かんじろう/1890~1966)は島根県安来市に生まれ、東京高等工業学校(現・東京工業大学)で陶芸を学びました。1920年京都五条坂の清水六兵衞の窯を譲り受け、中国・朝鮮の古陶磁を研究しつつ独自の技法と作風を作りあげました。
 また、柳宗悦、濱田庄司らとともに民藝運動を推進し「用の美」を追求しました。
 本展では京都の旧宅であった河井寬次郎記念館所蔵の作品を中心に陶芸や木彫や書、調度類など約150点を紹介し、寬次郎の仕事の全貌と、その深い精神世界を辿ります。

2018/1月2日(火)~1月14日(日)
器ともっこう3人展(栄木正敏・加賀友博・加賀千珠子)
 
2
February
   
※展示替え2月26日(月)~2月28日(水)(1階のみ開館)
3
March
2018/3/1(木)~4/15(日)
布で描いたアプリケ芸術
宮脇綾子の世界展
The Arts of Appliqué by Miyawaki Ayako Exhibition

 宮脇綾子(みやわき・あやこ/1905~1995)は身近なものを豊かな感性で捉え、端切れや古裂をはじめ様々な布で表現をした「アプリケ」の作家です。
 洋画家:宮脇晴との結婚を機に名古屋に移り住み、制作を始めたのは終戦を迎えた40歳を超えてからでした。
 作品のモデルは庭の花、野菜、魚など身近なものを「あ」っと驚きの心で見つめ美しいと感じたものばかりです。
 写生を重ねてこその細密さと、新鮮な発想による素材の組み合わせが大きな魅力です。愛情あふれる作品の数々をお楽しみください。

2018/3月1日(木)~3月12日(月)
島田昌葉 軸装展

2018/3月17日(土)~3月28日(水)
コムデシオ 杜多一菜子ガラス展
 
4
April
   
このページのトップへ