※名称、会期、内容等は変更になる場合があります。
※展示替え期間は1階(常設展)のみの開館となります。
  企画展 小ギャラリー コンサート
2019      
8
August
2019年8月1日(木)~ 9月29日(日)
作品入替のため、8月30日(金)は閉場
(1階常設展示のみ展覧可)

前期:8/1(木)~8/29(木)
後期:8/31(土)~9/29(日)

岡田文化財団設立40周年記念
第14回
’18日本のガラス展
Glass ’18 in Japan

 日本ガラス工芸協会は、ガラスによる創作活動を通してガラスと人々との結びつきを深め、文化発展向上に寄与することを目指して1972年に設立された日本で最初の団体です。「現代ガラス」とは1960年代以降に誕生した新しいガラス造形の仕事の総称で、作家の個性によってガラスという素材の魅力を自由に表現することができるようになり、現代ガラスは新しい芸術文化に成長しました。
 本展では表現においても技法においても日々進化し、挑戦しつづける現代ガラスの最先端111点の作品を前後期に分けてご紹介します。


関連イベント:
日本ガラス工芸協会会員による講演会
8月 11日(日)講師 :新倉晴比古氏
9月 8 日(日)講師 :ホンムラモトゾウ 氏
いずれも 午後 2時~
  8/4(日)
サクソフォーン、ユーフォニアム、ピアノによる 新時代のトリオ

9
September
   9/1(日)
夢~トロイメライ~

※展示替え9月30日(月)~10月2日(水)(1階のみ開館)
10
October
2019年10月3日(木)~ 11月25日(月)
岡田文化財団設立40周年記念
岡田文化財団寄贈作品展
三重県立美術館の所蔵品から

 1979年に設立した岡田文化財団は、三重県における芸術文化振興に寄与した活動を続け、2019年に40周年を迎えました。当財団から三重県立美術館への最初の寄贈作品はマルク・シャガールの大作《枝》でした。1982年には松阪市出身で京都画壇を代表する画家・宇田荻邨(うだ・てきそん)《祇園の雨》を、その他ジョアン・ミロ《女と鳥》(1985年寄贈)、オーギュスト・ルノワール《青い服を着た若い女》(1988年寄贈)など多くの寄贈を続けました。本展では、三重県立美術館のご協力を賜り、これまで寄贈した作品を一堂に展示いたします。また特別公開としまして、パラミタミュージアムが近年新収蔵した作品も合わせてご紹介いたします。

  10/6(日)
パラミタ寄席

11
November
   
※展示替え11月26日(火)~11月29日(金)(1階のみ開館)
2019年11月30日(土)~ 2020年1月27日(月)
休館日:12/28(土)~1/1(水・祝)
ラリック・エレガンス
宝飾とガラスのモダニティ
ユニマットコレクション

 その洗練された造形から日本でも多くのファンをもつジュエリー作家・ガラス工芸家のルネ・ラリック(1860~1945)。本展では、様々な事業を展開しているユニマットグループが所蔵するラリック・コレクションより19世紀末から20世紀初頭の貴重なジュエリーをはじめ、晩年までのガラス作品を展観します。
 ラリックは当初、アール・ヌーヴォー様式の宝飾デザイナーとして活躍し、彼の生み出したジュエリーは人気となり、とりわけ1900年のパリ万博で大きく注目されました。20世紀に入ると、香水瓶のデザインと製造を足掛かりに、ガラス工芸家としての道を歩みはじめ、この頃設立したラリック社は現在も続きます。
 宝飾とガラスのフィールドにおいて、アール・ヌーヴォーとアール・デコという2つの様式を見事に自らのものとしたラリックの優雅な作品世界をお楽しみください。

   
12
December
   
2020    
1
January
   
※展示替え1月28日(火)~1月31日(金)(1階のみ開館)
2
February
2020年2月1日(土)~ 3月29日(日)
歌麿とその時代展
黄金期の浮世絵
美人画と役者絵

 錦絵が最も華やかに展開した天明・寛政期(1781~1801)、この浮世絵黄金期に活躍したのが美人画を代表する絵師・喜多川歌麿(?1753~1806)です。歌麿は背景に雲母刷りを施した豪華な錦絵や、女性の表情を豊かに表現した「美人大首絵」などで注目を集めました。また同時期、美人画と並び人気を博したのが役者絵で、役者の一瞬の表情を大胆に捉えた東洲斎写楽(生没年不詳)や、歌舞伎ファンの理想をかなえた歌川豊国(1769~1825)らが、その代表格絵師として挙げられます。
 本展では歌麿とその弟子をはじめ、鳥居清長や鳥文斎栄之、写楽、勝川派、歌川派など、個性豊かな絵師らによる美人画と役者絵に肉筆画を含め約130点を展観します。

   
3
March
   
このページのトップへ