小ギャラリー

小ギャラリーについて
  • 小ギャラリーのみの御鑑賞の場合、入館料は不要です。
  • 小ギャラリーは、作品発表、展示即売など多目的にご利用いただけるレンタルスペースです。

西川虎三略歴
1974年生まれ 三重県亀山市出身
1997年 三重大学教育学部美術科 金属工芸科卒
 金工作家 故 笠井初夫氏に師事
 三重県展入選 津市市長賞 岡田文化財団賞など(工芸、彫刻)
2005年 長野県上松技術専門校 木工家具科卒業
2005年 宮崎県の指物工房矢澤 矢澤金太郎氏に師事 家具修行
2006年 第5回 暮らしの中の木の椅子展 入選(作品名 ピアノネ・チェア)
2008年 宮崎で修行後、三重県亀山市に「創造家具虎三」設立
2009年 パラミタミュージアム小ギャラリーにて個展(以後、毎年開催)
2010年 国展工芸部門 入選 (以後 入選4回)
2015年 ノリタケの森ギャラリーにて個展
2016年 ノリタケの森ギャラリーにて個展

岸 憲嗣(きし のりつぐ) 1958年三重県四日市市生まれ/1981年武蔵野美術大学卒業後京都にて修業/1982年日本クラフト展入選/1983年京都クラフト展入選/1984年四日市市に開窯/1988年陶悦(銀座)にて初個展/以降、ギャラリーおかりや(銀座)10回。髙島屋(玉川、日本橋)。大丸百貨店(下関)。松坂屋(栄本店)など各地にて個展を開催。英国POTFESTに2度参加。2016年二人展 髙島屋 器百選(玉川)、二人展 GALERIE PARIS(横浜)/2017年二人展 髙島 屋 暮しの工芸(日本橋)。20代にNHKドラマ『おしん』の陶芸指導に携わる。

岸 寿美子(きし すみこ) 神奈川県立横須賀高校卒/1981年武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒。在学中より常滑、有田、砥部、金沢で研修を重ねる。卒業後、京都東山窯にて、宮永東山、理吉両に師事。三重県四日市市にて陶芸指導作陶に携わる。横浜(髙島屋 ギャラリーパリ 卯甲)など個展・グループ展を各地で開催。伊勢志摩サミット(配偶者プログラム)昼食会に煎茶碗が採用される。現在、四日市市京町にて活躍中。

奥島圭二 略歴
1977年 滋賀県生まれ。2000年 立命館大学産業社会学部卒業。 2002年 富山ガラス造形研究所造形科修了。ガラス工房勤務、着物染色工房勤務を経て2010年に滋賀県高島市を拠点に硝子作家として独立。 以後国内外での展覧会を中心に活動中。
2010 Glass Craft Triennale入選。2011 日本クラフト展 入選。2012 テーブルウェア大賞展 審査委員イワタルリ賞受賞。2016 伊丹国際クラフト展 入選。

光の屈折と反射。外側の形があって内側の世界がある。個体性と液体性。硝子には一見相反する要素が同時に内在しており捉えきれない面白さがあると感じます。硝子という素材で一体何が出来るだろう。その可能性を日々探求しております。

奥島香 略歴
1982年滋賀県生まれ。龍谷大学文学部を卒業後、県内中学校講師、京都や滋賀のガラス工房勤務を経て、2011年作家として制作を始める。
幼少期から工作が好きでしたが、次第にガラスという素材に魅かれ、ガラス作家になりたいと思いました。沢山の方々に見守り応援して頂き、今こうしていられる事に感謝し制作しています。

このぺーじのトップへ